【援助交際】援デリ(円デリ)業者と会ってはいけない4つの理由

公開日:  最終更新日:2015/05/04

14
初心者が出会い系サイトを使う時に、厄介な存在第1位が 「援デリ(円デリ)業者」です。

援デリ(円デリ)業者とは、出会い系サイトで素人女性を装い男性会員に客引き行為を行って、女のこを派遣する違法デリヘル業者のことで、どの出会い系サイトにも非常に多く存在します。

一応女のこが派遣されてきてセックスは出来ることは出来るわけですが、援デリには多々問題点があります。

 

【援助交際デリバリー】援デリ業者と会ってはいけない4つの理由

1、ブスが多い

援デリで働いてるこは、なぜ合法の風俗店で働かないで、わざわざ違法の援デリで働いてるのかを考えればわかることですが、普通の風俗店では採用されない残念な容姿のこ(地雷)が援デリに流れてくるためです。

援デリのよくある手口として、出会い系サイトのプロフィール写真はネット上から拾ってきた美人の写真を使っていて、いざ会ってみたら全く別人のブスが現れたりします。

気の弱い男性なら、会ってから断ることもできず結局料金を払ってしまうため、援デリはブスが多くても商売が成り立つのです。

 

2、接客サービスの意識が低い

通常の風俗店なら、接客サービスの研修がありお客さんにリピートしてもらうために、女のこの接客サービスは高いレベルにありますが、援デリ業者は研修もなく1回限りの関係なので、応対が冷たく感じが悪いです。

そのためお客さんを満足させようとするサービス意識がないので、終始笑顔もなくセックスも淡白でつまらないケースが多いです。

 

3、早く終わらせようとしてくる

出会い系サイトで素人女性と遊ぶ時は、時間制限がないため3時間でも4時間でもゆっくり遊ぶことができますが、援デリの場合、1日何人もお客さんを応対しないといけないため、回転率が重要です。

待ち合わせ場所からホテルまで足早にに移動し、行為もさっさと終わらせてこようとしてくるので、会ってる時間も全部で1時間程度の短い時間で帰られることも珍しくありません。

 

4、性病を持っている可能性がある

風俗では、お客さんに性病を移したらお店の評判に関わるので定期的に性病の検査をしているお店もありますが、援デリ業者は性病の検査をしていません。

しかも出会い系サイトで遊んでる男性は一般男性に比べて、性病率が高い傾向にあるので、そんな相手と1日に何人も応対している援デリ嬢は、風俗嬢よりも性病を持ってる可能性が高いです。

 

まとめ

1、ブスが多い
2、接客サービスの意識が低い
3、早く終わらせようとしてくる
4、性病率が高い

 

以上4つのデメリットを説明してきましたが、援デリで遊ぶくらいなら風俗行った方が遥かにマシです。

そもそも出会い系サイトの醍醐味は「素人女性遊ぶ」ことなので、こんな風俗以下の援デリ業者にひっかからないように注意しましょう。

 

援デリ業者の見分け方は、こちらの記事を参考にして下さい。

出会い系にいる業者の特徴と見分け方!

管理人の出会い系体験談ベスト5!

1、【東京・新宿】出会い系で美人と即ハメしてきた!PCMAX体験談
1

2、【春の出会い】かわいい社会人と一夜限りのエッチ体験談
121

3、ハッピーメールでセフレができた!モデルみたいな美人!
t

4、【ネットナンパ】ネットで出会ったビッチなOLに精子飲ませた体験談(動画有)
171

5、【東京|新宿】ハッピーメールで会った人妻と初エッチしてきた体験談
33

管理人も使ってるおすすめ出会い系サイト!

1位:PCMAX
116

2位:ハッピーメール
212

3位:ワクワクメール
310

HOME

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑